テストステロンの影響で男は相手を選ばないでオナニーや性行為ができる

ところで、あなたは風俗店に行ったことはありますか?

あるいはアダルトサイトやエロ雑誌を見てオナニーをしたことがありますか?

私は何度も利用させていただきました。

男なら一度は必ずそんな経験はあるといっていいでしょう。

健康な男なら性行為やオナニーは生活の中の一部になっています。

男は好きではない女性とでも性行為をすることを躊躇わないし、逆に女性は嫌いな男性と性行為はしたくない傾向があります。

つまり、男性は女性であればそれなりの容姿があれば誰でも性行為ができる動物なのです。

性欲を上げて射精するのが理想

男性という生き物は好きな女性ではなくても性行為が可能な生物なのです。
分かりやすくいえば、「セックスの相手は女性なら誰でもよい。」

「射精して気持ちよくなればいい。」

これが本音です。

しかし、できれば好きな女性と本気の性行為をして睾丸に溜まった精液を放出することが理想ですね。

そうするためには、性欲を上げる以外にも外見から性格までいろんな要素のレベルを女性の好みに近づけなくてはならいのでハードルは高いです。

つまり、テストステロンを上げることと同様の事をしなければいけません。

まずは、精力を上げてセックスすることに集中するなら毎日規則正しい生活を送り、精力系のサプリメントなどを取り入れることをおすすめします。

サプリメントの効果で性欲が上がり、男性本来の勢いのある射精ができるようになります。

風俗店では相手は誰でもいい


もう一度、風俗店の話に戻りますが、風俗店では写真で好みの女性を指名できるお店もありますが、写真と実物が異なりすることもしばしばあります。
それにも関わらず、男性はお店の女性と性行為をすることが可能になります。

風俗店の女性の体を見ると、ペニスが勃起して挿入できる状態になります。

なぜなら、男性は出会ったばかりのその女性の体を好きになれてしまうから、性交ができるのです。

まずペニスが勃起しないと性行為事態ができないので、性行為が可能かどうかは男性側に主導権があるといえます。

そして、そのまま絶頂を迎えて精液を放出すると男性は急にその風俗店の女性の事は好きでもなんでもなくなるのです。

要するに、男性は性欲を高めたままターゲットにした女性を獲得して、ペニスから精液が注ぎこまれて性欲を満たすと性欲はなくなり、性交に対する情熱も冷めてしまいます。

男性はそういった生き物ですから、年をとっても下半身は元気でいると楽しく生きることができます。

男性用サプリメントで生涯現役を目指せ

男性の下半身の衰えが目立つのが50代後半の方が多く、それよりも早い人もいれば60代や70代になってもペニスがギンギンになる人がいます。
何歳になっても勃起できる人の共通点は、規則正しい睡眠や食事をとっている。

ペニス増大サプリメントなどの血流を改善する精力系サプリメントを摂取していることなどが挙げられます。

そして、セックスに対して情熱がなければ生き生きとした生活は送れません。

この点をふまえて、何歳になっても射精が可能な男性は食事だけでなく、精力増強に効果がある栄養素が含まれたサプリメントを続けると良いでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする